サブバナ―背景画像

ブログ BLOG

2023.07.21
エコキュートとは

エコキュートとはの投稿画像01

皆さん、こんにちは。

今回はエコキュートとはどういうものか?

また、コストはガスと比べてどうか?

など、いくつか紹介できればと思います。

お付き合いよろしくお願いします。

 

エコキュートとはの投稿画像02

①エコキュートとは

まず、エコキュートとはなんぞ?ってことですが、

電気を使ってお湯を作るものです。

「それって、電気温水器と違うの?」

と思われるかもしれませんが、

電気温水器は、電熱ヒーターでお湯を作るものです。

対して、エコキュートは電気と大気中の熱を使って効率よくお湯を作るものです。

お湯は貯湯タンクと呼ばれるところに貯めるので、飲用不可。

・ガス給湯器の場合、ガスバーナーで水を熱しお湯にする。

 お湯を作りながら出すので、飲用可。

エコキュートとはの投稿画像03

②エコキュートはいくらかかるの?

各給湯器の初期費用(設置にいくらかかるかです)

電気温水器:(3~4人用)約43万円

エコキュート:(3~4人用)約30~70万円

ガス給湯器:約40万円

初期費用を見ると、エコキュート、高いですね。

ですが、安心してください、1年の電気代が安いです。

そこがエコキュートのいい所です。

電気温水器:年約9万円

ガス、プロパン:年9~11万円

   都市ガス:年6~8万円

エコキュート:年約2~3万円

こうなります。大体プロパンガスの1/3~1/4くらいですね。

③エコキュートって、どんな種類あるの?

ここで、エコキュートの種類についてお話しようと思います。

エコキュートには主に3種類のタイプがあります。

まずは、

フルオートタイプ:自動お湯張や足し湯追い炊きを自動で行う便利

         な機能が搭載されているタイプ。

         できることは自動でできますよ。ってやつです。

セミオートタイプ:自動お湯張はできるが、追い炊き機能はない。

給湯専用タイプ :すべて手動のシンプルなタイプ。

         蛇口をひねってお湯を出し、設定水位にに

         なると、音でお知らせしてくれます。

         ですが、前述のオートタイプのような自動で

         お湯を止めてくれる機能はないので、手動で

         止めなければいけません。足し湯、追い炊き、

         手動で操作になります。

 

次に使用場所に関する種類。

一般向け    :最低気温が-10℃までの地域にお住まいの方
寒冷地向け   :最低気温が-25℃までの地域にお住まいの方
塩害地向け   :お住まいが海に近く潮風の影響尾を受ける地域

        (耐塩害使用もしくは、耐重塩害使用)の方
井戸水等の場合 :硬度の高い水道水や井戸水を使用する場合は、
        井戸水にも対応したエコキュートが必要があり

        そうしないと、配管の腐食などにつながる可能性

        があります。

④エコキュートのお湯って無くなったらどうなるの?

一般的な貯湯タンクユニットの容量選定の目安

2~4人家族 300Lタイプ

3~5人家族 370Lタイプ

4~8人家族 460L・550Lタイプ

 

一般的なお湯の使用量
通常、普通のシャワーは毎分10リットル、勢いのあるシャワーは15リットル台所6リットル
洗面所8リットル、使用するといわれています。
仮に1人あたりシャワー約5分間、キッチン約5分間、洗面約3分使用するとなると


   キッチン  シャワー  洗面  お風呂  合計
2人   60ℓ    100ℓ  50ℓ  200ℓ  410ℓ

3人   90ℓ    150ℓ  75ℓ  200ℓ  515ℓ

4人   120ℓ    200ℓ     100ℓ 200ℓ  620ℓ

6人   180ℓ    300ℓ   150ℓ   200ℓ  830ℓ

8人   240ℓ    400ℓ   200ℓ 200ℓ 1040ℓ

ですが、あくまでも一般的にはです。

使用時間が多いと、この数字は変わってきます。

予め大きい容量のタンクを選ぶのもいいと思います。

⑤メーカーで選ぶ

panasonic:パナソニックのエコキュートは優れた学習能力と、

      独自の節電技術「エコナビ」による高い省エネ性能

      が特徴です。

      またパナソニックは商品ラインナップも豊富なため

      家族人数や電気料金プランを考慮したエコキュート

      が選びやすくなっています。

三菱電機:三菱電機のエコキュートは、マイクロバブルの

     「ホットあわー」が体を包んで芯から温まることができ

     る機能です。温泉にも似た効果で、シルク風呂というも 

     のがあるのですが、同じですね。

ダイキン:ダイキンのエコキュートはUV(深紫外線)で、お湯を除菌

     次の人が気持ちよくお風呂にはいれるように滅菌して

     います。また、水圧が強いタイプがあるので、2階でも、

     水圧を気にすることなくご使用いただけます。

日立  : 断熱性が高く、お湯が冷めにくい、ウレタンク!

     タンクの周りを真空断熱材で覆い、さらに、ウレタンで 

     覆うことで、高い断熱性を確保、お湯の温度が下がら

     ないようにしました。

     カルシウムなどを多く含む水に強い、ナイアガラタフネ

     スで、硬度の高い水や、井戸水も大丈夫です。

コロナ :コロナは世界で初めてエコキュートを開発したメーカー

     です。昔からエコキュート開発に携わっていることも

     あり、省エネ大賞の受賞や年間給湯保温効率の高さ

     など、安定したクオリティが魅力です。

 

     

 

いかがでしたか?

エコキュートはまだまだ登場してから、歴史が浅いのが現状ですが、

それを補うほどの可能性があると思います。

この記事がお客様に、少しでもお役に立てたら、幸いです。

 

それでは失礼します。